口からアンモニアのニオイがする場合、それは肝臓か腎臓に原因がある可能性があります

原因

 口臭が発生するのは必ずしも口内が原因とは限りません。もしも強い口臭を感じた時、それは内臓の病気が原因で口臭を発生させているかもしれません。特に肝臓体内にある毒素を分解したりエネルギーを作ったりと非常に重要な働きをします。

肝機能の低下は口臭を発生させる

 そもそも口臭と肝臓は関係ないのではないかと思われるかもしれません。肝臓はアルコールなどの毒素を分解してエネルギーを生成する重要な働きを持ちますが、その一方でニオイ物質をきれいに分解する働きもあります

 肝臓の働きのおかげで口臭を抑えていると言っても過言ではありません。

 ところが、慢性肝炎を患っていたり、疲労などで肝機能が低下して肝臓の働きが正常でなくなると、ニオイ物質をきれいに分解することができなくなります

 肝機能が衰えると、肝臓で分解しきれなかったニオイ物質が血液の流れに乗って全身をめぐり、それが体臭となり口臭となってにおいだします。

 お酒を飲みすぎた翌日に酒臭い息をしている人は、肝臓の分解機能が追いついていないということです。

 また、肝機能が低下すると本来分解されて尿として排出されるはずのアンモニアが排出されなくなります。

 アンモニアは腸でアミノ酸などを分解することによって発生するもので、直接排出されないことから肝臓による分解によって尿素に変え、尿として排出するのが基本的な流れです。

 この流れは肝臓の働きが正常だからこそ起こるものであって、肝機能が低下していると尿として排出されるはずのアンモニアは血液中を通って全身を巡り、呼気として排出されます。

 アンモニア臭は非常に強烈なニオイを発するため、早急な対策が必要になるでしょう。

 肝機能の衰えが深刻な状態になると、アンモニア臭の他にもカビのようなニオイ卵の腐ったようなニオイ生ごみのようなニオイも加わって、例えようもない悪臭となることがあります。

低下した肝機能を修復するには

 肝臓は体内で発生した有害物質を解毒するスペシャリストのようなもので、肝臓が正常に働いているからこそ強い口臭の発生を食い止めているのです。強烈なアンモニア臭がする口臭が発生している場合は、肝機能がかなり低下していると考えて良いでしょう。

 まずできることは、何といっても肝臓に負担をかけないことです。特に飲酒は肝臓に負担をかけるので、アルコールを摂取する頻度が高い人ほど飲酒を避けた方が良いでしょう。また、肝臓を労わる食生活を心がけることが重要です。

 機能が低下している肝臓はビタミンを蓄える力が衰えているので、普段の食生活でビタミンやミネラルなど栄養素にこだわった食事を心がけましょう。かぼちゃ人参ブロッコリーアーモンドアボカドいちごしじみゴマなどがおすすめの食材です。

腎臓障害による口臭

 実は腎臓の機能が低下した場合にも強烈なアンモニア臭の口臭を発することがあります。
 腎臓の機能が低下して発症する尿毒症は、オシッコのようなニオイを口から発することが特徴です。
 アンモニア臭は非常にきつく、ほとんどの人はニオイに耐えられません。

腎臓が不調になるとどうなる?

 腎臓は血液をろ過し、その中で不要になった老廃物を体外へ排出させる役割を持っています。腎臓の機能が低下すると、不要になった老廃物を体外に排出させる機能が著しく衰えます

 そうなると体外へ排出されない尿素やアンモニアを初めとする老廃物は血液中を通るしかなくなり、やがて呼気として排出されます。これが、腎臓の不調によるアンモニア臭を発生させる原因です。

 腎臓の不調を起こしている人は、ドライマウス虫歯歯周病糖尿病を初めとする様々な症状を併発しやすいため、より一層口臭を発生させるリスクが高まります。

腎臓が不調になった時の対策方法

 アンモニア臭を発生させており、なおかつ腎機能が低下しているのであれば、それは腎臓病を発症している可能性があります。ただ、腎臓病はきちんと治療すれば改善され、口からアンモニアのニオイはしなくなるでしょう。

 腎臓病を治療する際は内科腎臓内科泌尿器科を受診しましょう。腎臓病は基本的に一般療法食事療法薬物療法などで治療していきます。

 虫歯や歯周病などの合併症が出てきたら、その都度きちんと治療を受けることも口臭を防ぐことにつながります。適度な運動をして血液の循環を改善させたり、バランスの良い食生活を心掛けたり、できるだけストレスを避け、睡眠をきちんととって疲れをためないようにしましょう。

まとめ

 口から強烈なアンモニア臭がする場合は肝臓や腎臓が不調を起こしているサインかもしれません。
 思い当たる節がある方は、ぜひ一度、内科などで診ていただくことをおすすめします。

 悪くなった肝臓や腎臓がすぐに良くなることは少ないので、根気よく治療することが重要です。
 適切な治療及び検査は怠らないようにしましょう。