気になるお口のニオイは口臭チェッカーで測る!その効果的な使い方を詳しく解説!

チェッカー

 老若男女を問わず、多くの人が気にしている自分の口のニオイ。口臭が強いと、人とのコミュニケーションにおいて大きな影響があります

 口臭に悩む人にとって、気になる存在である口臭チェッカー。それは一体どのようなもので、どんなふうに使えばよいのでしょうか。

 ここでは、口臭チェッカーについて紹介するとともに、口臭の正体について解説していきます。

もしかして口クサイ? ほとんどの人が気にしている自分の口のニオイ

 自分の口のニオイが全く気にならない!どんなときでも自信満々!という人は、なかなかいないのではないでしょうか。というのも、口の中は食べたものやその時の状況、健康状態などによって、様々なニオイが発生しやすいものです。

 そのうえ、日中忙しかったりすると、口の中をマメにケアするわけにもいきません。さらに、たとえ臭くても自分では気づきにくいことも、いまいち口のニオイに自信がもてない理由のひとつでしょう。

 口臭が強いと周りにいる人や話をしている相手に、とても不快な思いをさせてしまいます。たとえ、自分ではその悪臭による直接的な不快感はなかったとしても、自分が周りに悪臭を放つ迷惑な存在になっているかもしれないというのは、ツライことのはず。だからこそ口臭を気にする人は多く、実際に口臭を他人から指摘されると精神的なダメージが大きいのでしょう。

ニオイを気にし過ぎる割にはそれほどでもない場合もあります

 一方、誰かから指摘されたわけではなく、特に悪臭を放っているわけではないのに、口臭を気にし過ぎる人がいます

 誰かと雑談をしているときに、相手の反応が少し鈍かったりすると、「自分の口が臭いのでは?」と不安になってしまうのです。また、心配のあまり人前で話すのが怖くなったという人もいます。

 ニオイを気にしないよりも気にしたほうが社会的にもマナーに沿っているといえますが、何でもやり過ぎは良くありません

 口臭がほとんどないにも関わらずニオイを気にし過ぎると、やがてそれはストレスにつながり、心の病へと発展してしまう可能性があります。

 自分の口臭に神経質になり過ぎたり、逆に無頓着過ぎたりということを避けるためには、自分の口の中が、実際どのような状態なのかを正しく知ることが大切です。

 まずは歯科医院でチェックしてもらうことが良いでしょう。問題となるような口臭が特に無いとわかれば安心できますし、口内環境が原因で悪臭がするようなら、治療や指導をしてもらうこともできます。

今どれくらいクサイ?ニオイの強さを測定できる口臭チェッカー

 歯科医院でチェックしてもらう他、日頃の口内ケアに役立つのが口臭チェッカーです。ニオイという目に見えない物質に対して見える化を実現させ、ニオイを確実に認識できるツールとして注目を浴びています。

 あくまでも簡易的な小型の器械ですが、息を吹きかけるだけで口のニオイの強さを測定することができるスグレモノです。

 口のニオイを測定するための検知方式としては、一般的に多くの機種が半導体ガスセンサーを採用。これは口臭測定器として広く使われているもので、口の中の揮発性硫黄化合物によるニオイなどを測定することができます。

 この揮発性硫黄化合物は、主に3つのガスからできています。

  • 硫化水素卵が腐ったニオイ
  • メチルメルカプタン生臭く魚や野菜が腐ったようなニオイ
  • ジメルサルファイド生ゴミのようなニオイ

 これらが、口のなかで混ざり合うことで、不快な口臭を発生させます。

 揮発性硫黄化合物は、口の中の細菌やはがれた粘膜などを分解してできるものなので、誰の口の中でも発生します。つまり、口臭は誰にでもあるもので、これを生理的口臭と呼んでいます。

 朝起きてすぐや、お腹が空いている時、緊張している時など、自分の口のニオイが気になることがあるでしょう。それは、口の中の唾液量が減ることによって、口の中に細菌が増殖し、揮発性硫黄化合物がたくさん作られている状態です。

 生理的口臭の場合、歯を磨いたり食事をしたりして、唾液の分泌量が増えればニオイは弱まるので、それほど気にする必要は無いといえるでしょう。

 くり返しになりますが、口臭は誰にでもあるもの。肝心なことはニオイの強さです。他人に違和感や不快感を与えるレベルのニオイでなければ問題はありません。口臭チェッカーを活用することでニオイの強さをチェックし、日々のケアに役立ててはいかがでしょうか。

チェックだけではもったいない!口臭チェッカーの効果的な使い方

 多くの口臭チェッカーでは、ニオイのレベルを5~6段階程度に分けて、数値や色で表示しています。おすすめの使い方は、毎日同じくらいの時間に測定する方法です。毎日測っていると、自分の口のニオイのレベルがだいたい把握できるようになります。それを基準値として、いつもより数値が悪いときには、体調生活習慣の乱れなどを疑うというように、自分自身の振り返りに活用すると良いでしょう。

 また、測定するタイミングとして適しているのが、朝起きてすぐです。前述したとおり、眠っている間は唾液の量が減って細菌がたくさん発生しているため、寝起きは一日のうちでも特に口臭が強くなります。そのタイミングで計測することによって、その日の体調や、前夜の口腔ケアの効果を知る目安となります。

 朝起きた時だけでなく、もちろん日中に使うことも有効です。打ち合わせや会議、人との待ち合わせなど人と会う前に口臭チェックしてニオイのレベルに応じて歯磨きをしたり、タブレットを噛むといったことをしておけば、自信をもって人と話すことができるでしょう。

 一方、歯磨き後やマウスウォッシュ使用後は、口臭チェッカーを使用するのは控えましょう。歯磨き剤やマウスウォッシュの香料に反応する機種が多く、数値が高く出てしまいます。

 口臭チェッカーによって、自分の口のニオイレベルが強いことがわかったら、そのままにせず、ぜひ念入りな口内ケアをしましょう。

 歯磨きをしっかりすると共に、デンタルフロス歯間ブラシで歯と歯の間の汚れを取り除いたり、夜寝る前にマウスウオッシュを使用したりするだけでも、ある程度変わるはずです。

 もし、それほどレベルが強くないなら、これまで通りのケアで問題無いでしょう。ニオイのレベルがそれほどでもない自分にホッと安心することができます。

まとめ

 口臭は程度の差はあっても誰にでもあるものです。自分ではよくわからないからこそ、自分のニオイが人に不快感を与えていないか、不安になりますよね。モヤモヤと悩んでいるなら、ぜひ口臭チェッカーを使って、客観的にニオイのレベルを把握してみて下さい。

「意外と大丈夫だった~」「ちょっと数値が高いからケアしよう」など、次の一歩に踏み出せるのではないでしょうか。